注目キーワード

【副業で月10万円の不労所得を得る方法】サラリーマンでも出来る、マネーマシンの作り方

  • 1月 10, 2021
  • 副業
  • 120view
湊 ユウイチ
湊 ユウイチ
こんにちは、湊 ユウイチです。
今回は、【副業で月10万円の不労所得を得る方法】サラリーマンでも出来る、マネーマシンの作り方に関して紹介いたします。

【副業で月10万円の不労所得を得る方法】サラリーマンでも出来る、マネーマシンの作り方

不労所得とは一体何なのかというと、自分が直接働かなくても入ってくる所得のことになります。

今回はそんな不労所得を得られる方法について解説していこうと思います。

誰もが一度は、『不労所得で働かずに遊んで暮らしたい』なんていう状態に憧れを持ったことがあるかと思います。

実際、私もそういう状態に憧れましたし、どうすればそういう状態になれるのかということを真剣に考えていました。

不労所得というとなんだか怪しい言葉のように思えるかもしれませんが、そんなことは全然なくて、誰でも不労所得を得られる方法があるんです。

例えば、私の場合だと株の配当金だったり、電子書籍の印税や投稿したブログの記事などの広告収入などがあります。

これらの収入は、一度作ってしまえば、あとは勝手にお金を生み出してくれるんです。

そこで、どうすれば不労所得を得ることができるのか、そして不労所得で生きていく方法について詳しく解説していきます。

 

 

なぜお金を稼ぐ必要があるのか?

なぜお金を稼ぐ必要があるのか?

そもそもお金とは何なのか考えたことはあるでしょうか?

お金というのは、『自由を得るための道具』だと私は考えています。

人生は選択肢の連続ですが、お金があれば、人生の選択肢の幅を広げる事が出来るため、結果的に人生の満足度を高めることも出来るでしょう。

しかし、お金を積み上げれば、全ての人の人生が豊かになるのかというとそんなことはありません。

世の中にはお金で解決できない問題もたくさんありますから、お金を積み上げるだけで、その人の人生が豊かになるとは限りません。

 

 

お金を稼ぐだけの人生では意味がない

お金を稼ぐだけの人生では意味がない

保有している資産額の大きさを自慢する人たちもいますが、お金を増やすこと自体が目的になってしまって、自分の人生と真剣に向き合うことが出来ていなければ意味がありません。

いくら資産額を増やしてお金持ちになったところで、自分がどういう人生を歩みたくて、その人生を歩むために『一体いくらお金が必要なのか?』ということがわからなければ、お金を増やすことが目的の虚しい人生になってしまいます。

不労所得も多ければ多いほど良いというわけではなくて、『自分が満足感を得られるために必要な分だけ不労所得を得ればいい』ということです。

 

 

不労所得を得る方法①:株や債券の配当金

株式の配当金

配当金とは、企業利益の一部を株主に分配することです。

例えば、配当金が1株100円の株を100株保有している場合は、10,000円が配当金としてもらえることになります。

株式の場合、4%を超えるような高配当株も珍しくなく、高配当株中心に投資をすることで、効率的に不労所得を得ることが出来ます。

 
ただし、配当利回り以上に株価が下落する場合もありますから、ハイリスクハイリターンな金融資本です。

また、株の配当金で月10万円の不労所得を得るためには、ある程度まとまった資金が必要になります。
 
国債は、ほとんど利息が付かない反面、元本割れのリスクが無く、ローリスクローリターンな金融資本です。
外国債は、どこの国の債券に投資するかにもよりますが、為替リスクが存在するため、ミドルリスクミドルリターンな金融資本です。
社債は発行する企業にもよりますが、ミドルリスクミドルリターンな金融資本です。
社債というのは、企業が投資家から資金を募る場合に発行されるもので、あらかじめ金利と返済日が決まっています。
債券は株式投資よりもリスクが低い分、リターンも小さいですが、株式投資のように株価の変動を気にする必要がありません。
 
何に投資をするかはその人の考え方次第ですが、安全性を優先する場合には、債券での投資が魅力的だという判断も出来ます。
 
株式投資に関する情報を下記で紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。
関連記事

湊 ユウイチ こんにちは、湊 ユウイチです。 今回は、株式投資とは?基本の仕組みとメリット・デメリットに関して紹介いたします。 株式とは? 会社は、事業資金が必要な場合に、銀行からの融資を受けて資[…]

株式投資の基本

 
 

不労所得を得る方法②:不動産の家賃収入

不動産の家賃収入

不動産の賃料収入で月10万円を稼ぐためには、家賃収入が月10万円ほどの物件を1部屋以上を持つことで達成できます。

新しい不動産を購入する時にローンを組んだ場合は、ローンの返済が終わってからが本当の不労所得です。

例えば、月の家賃収入10万円の中古物件を1500万円で購入した場合を考えてみましょう。

全てローンを組んで購入したとすると、金利を含めない単純計算で毎年120万円を返済すると約13年で完済できます。

13年後にローンを完済した後、初めて家賃収入が不労所得となるということです。

 
どのような物件を購入するのか、自己資本がどのぐらいあるのかによっても変わりますが基本的には、不動産投資から10万円を得るには長期的な計画が必要になってきます。

また、いずれの場合も入居者がいなければ家賃は入りませんので、良い物件を探すだけではなく、空室の対策までしっかりと行う必要があることを覚えておきましょう。

 
 

不労所得を得る方法③:書籍の出版

書籍の出版

書籍の印税で月10万円を稼ぐ方法を専門的な動画をや得意などを書籍にして販売することで、売上の一部を印税として受け取れます。

書籍出版は、どのぐらいの印税がもらえるのかというと販売見込み部数によって、印税率は変わってきますが、約10%程度だと言われています。

例えば印税率10%の場合で月10倍の印税を得るためには、どれぐらい売ればいいのか考えてみましょう。

書籍が1500円だったとすると、1冊あたりの印税は150円のため、月に667冊以上売れ続ければ、印税として毎月10万円を稼げる計算になります。

 
このように、書籍を出版することで月10万円の不労所得を得ること自体は可能です。

ベストセラーになればより大きく稼げますし、知名度も上昇するため、次のビジネスでも稼ぎやすくなります。

 
しかし、売れる見込みのない本を出版社が販売することは無いため、ある程度の知名度や編集者とのコネクションが必要だったりなど、初心者にはハードルが高いです。
 
でも安心してください、今はAmazon kindleなどの電子書籍であれば誰でも簡単に出版することができます。

印刷や人前費を削減できるため、印税率に関しても電子書籍の場合は70%と非常に高いです。

仮に電子書籍を1500円で販売した場合、1冊の印税は1050円になるんです。

毎月10万円の不労所得を目指すなら、96冊以上売れ続ければ、実現可能となります。

そんな電子書籍の出版方法を下記で紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。
関連記事

湊 ユウイチ こんにちは、湊 ユウイチです。 今回は、【徹底解説】Amazonで電子書籍を出版する方法と感想(マネーマシンの作り方)に関して紹介いたします。 【徹底解説】Amazon[…]

【徹底解説】Amazonで電子書籍を出版する方法と感想(マネーマシンの作り方) / KDP(Kindle Direct Publishing)
 
 

不労所得を得る方法④:Youtubeの動画投稿

Youtubeの動画投稿

ヒカキンさんなど、有名なユーチューバーのテレビ出演が増えたこともあって、youtubeにエンタメ動画やビジネス動画を投稿して広告収入で稼ぐユーチューバーの知名度は。各段に上昇しています。

子供のなりたい職業にもランクインするなど憧れの的にもなっており、年収もトップクラスのユーチューバーであれば1億を超えると言われています。

それだけ稼げる人もいるのだから、月に10万円を稼ぐのは簡単なのではと思う方も多いと思いますが、実際はどうでしょうか?

youtubeの広告収入の金額は、その人がどういった動画を投稿しているかにもよるものの、大体1再生あたり0.1円ほどであると言われていますから、10万円を稼ぐには、100万から200万再生されることが必要になってきます。

 
この100万という再生数を1つの動画で達成するのはかなり難しいため、複数の動画を作ることになります。

また、毎月安定して再生してもらうためには、常に新しい動画を作り続けなくてはいけません。

1口に動画といっても『企画考案』、『撮影』、『編集』など様々な作業があり、大変な労力になります。

Youtubeで不労所得を得るためには、収益化までの道のりも長いため、真剣に取り組むことが必要になるでしょう。

 
 

不労所得を得る方法⑤:ブログ & アフィリエイト

ブログやアフィリエイト

アフィリエイトというのは、WEBサイトで他社の商品を紹介して、商品が売れた際に紹介手数料を貰って稼ぐビジネスです。

元手をほとんどかけずに始められるため、多くの人が参入しているものの、収益化までの道のりが長いため、全く稼げない人が多いのも事実です。

しかし、ブログやアフィリエイトの広告収入で月100万円以上稼いでる人も多くいます。

例えば、単価1万円の商品を10%の紹介報酬で、アフィリエイトした場合、商品が1個売れる毎に1,000円の報酬がもらえます。

単純計算で、この商品が10個売れる記事を月に10記事書くことが出来れば、10万円稼げるということです。

 
ライバルが多いため、記事の検索順位が下がることも多いですが、売上をあげている記事は長期的に稼ぎ続けてくれます。
 
ただし、SEO対策をしっかりと行うなど、検索順位には気を付けてください。

ほとんどの記事は、GoogleやYahooなどの検索エンジンによる表示順位に依存しています。

検索エンジンの研究をしておかないとアップデートの時に記事の表示順位が下がり、アクセスが激減してしまうこともあるので、注意が必要です。

 
SEO対策に関する紹介を下記で紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。
関連記事

湊 ユウイチ こんにちは、湊 ユウイチです。 今回は、SEO対策によって初心者がWEBサイトで上位表示を狙うための方法に関して紹介いたします。 【SEO対策とは? 初心者がWEBサイ[…]

SEO対策
関連記事

湊 ユウイチ こんにちは、湊 ユウイチです。 今回は、SEO対策の準備として、上位表示を狙うためのキーワードやペルソナの設定方法に関して紹介いたします。 WEBサイトの目的やターゲットとなるペルソナを明確にする[…]

ペルソナの設定

 

 

完全な不労所得ではないものもあるため、継続が大切

継続が大切

電子書籍やブログ、youtubeなども一度投降すれば、あとは勝手に広告収入を稼いでくれるので、不労所得に近いですが、厳密にいうとこれらの印税収入や広告収入は必ずしも不労所得とは言えません。

例えば、電子書籍における印税収入というのは、電子書籍が売れるたびに発生するものなので、本が売れなければ、印税収入は入ってきません。

大抵の場合、発売してしばらくすると、本は売れなくなってしまうので、印税収入だけで暮らして行けるのは、一部のベストセラー作家だけなんです。

印税収入というのは、一見すると不労所得のようにも思えますが、ブログやyoutubeにコンテンツを投稿して宣伝し続けるという労力が必要になるので、完全な不労所得とは言えないんです。

過去に投稿したブログやyoutubeによる広告収入も完全な不労所得とは言えません。

過去の投稿というのは、新しいコンテンツを生み出し続けているからこそ見られる場合があるというだけで、必ずしも一度投稿したら後は何もしなくても広告収入を稼いでくれるわけではないからです。

不労所得を得るためには、それなりの労働が必要になってきますし、不労所得が発生した後も継続的に関わっていく必要があります。
 
 

本当の不労所得は、配当や利息を生み出す株や債券

不労所得

本当の不労所得を生み出す資本は、配当や利息を生み出してくれる株や債券になります。

株や債券といった金融資本をたくさん持っている人ほど、本当の意味での不労所得を得られます。

しかし、生まれながらにして莫大な金融資本を持っている人はほとんどいませんから不労所得を得たければ、働いて稼いだお金で株や債券を買う必要があるんです。

 

労働で得たお金を株式や債券に投資をして金融資本を最大化し、運用することで不労所得を得ていきましょう。

ただし、先ほども説明した通り、不労所得は多ければ多いほどよいといういうわけではありません。

『自分の人生に必要な分だけのお金』を不労所得で得られれば、十分だという人も少なくないと思います。

株式投資に関する情報を下記で紹介していますので、興味がありましたら参考にしてみてください。
関連記事

湊 ユウイチ こんにちは、湊 ユウイチです。 今回は、株式投資とは?基本の仕組みとメリット・デメリットに関して紹介いたします。 株式とは? 会社は、事業資金が必要な場合に、銀行からの融資を受けて資[…]

株式投資の基本

 
 

まとめ

まとめ

不労所得を得る方法ついて解説しましたが、お金というのは『自由を得るための道具』でしかありません。

お金も不労所得も多ければ多いほど良いというわけではなくて、『自分の人生に必要な分だけのお金』を確保すればいいと思います。

生まれながらにして莫大な金融資本を持っている人はほとんどいません。

そのため、労働して得たお金で、株や債券にコツコツと小額分散投資をすることで、不労所得を得る必要があります。

しかし、お金を稼ぐことやお金を増やすことだけが目的の人生はあまりにも虚しいです。

自分の人生に『一体いくらのお金が必要なのか?』ということを真剣に考えて行動していきたいですね。

自分が満足感を得られるだけの不労所得を得て暮らしていくことができれば、十分幸せな人生なのではないでしょうか?

一緒に『満足できるだけの不労所得の獲得』を目指して、頑張っていきましょう。

 

 

湊 ユウイチ
湊 ユウイチ
以上で、【副業で月10万円の不労所得を得る方法】サラリーマンでも出来る、マネーマシンの作り方に関する紹介は終了となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。


ブログやSNS、Youtubeを通して『毎月の収入を増やして余裕のある生活を送りたい』、『趣味や特技を生かして自由に生きていきたい』、『将来のために資産運用を始めたい』方向けに、資産形成や副業など、収入の増やし方に関する情報を発信していますので、よろしければフォローやチャンネル登録をお願いします。


Twitter


Youtube『湊 ユウイチ チャンネル』
Youtube 湊 ユウイチ チャンネル


Facebook
湊 ユウイチ フェイスブック


Instagram
湊 ユウイチ インスタグラム


note
湊 ユウイチ ノート

 
 
 
【副業で月10万円の不労所得を得る方法】サラリーマンでも出来る、マネーマシンの作り方
最新情報をチェックしよう!