注目キーワード

【選び方】FXの通貨ペアはどれがおすすめ?通貨ペアの選び方を解説

  • 7月 12, 2020
  • 8月 8, 2020
  • FX
  • 4view
FX 通貨ペアを選ぼう

こんにちは、湊 ユウイチです。
今回は、通貨ペアの選び方を紹介いたします。


メジャーなFX通貨の特徴① 円(JPY)

円はFXで米ドル、ユーロに次ぐ取引量を誇り、『世界三大通貨』のひとつとして登録されています。
世界からの信用度が高く、金融危機に陥った場合のリスクヘッジ通貨として円を購入する投資家が多い傾向があります。

 

メジャーなFX通貨の特徴② 米ドル(USD)

米ドル(USD)は、世界一の経済力を誇るアメリカの通貨であり、『世界の基軸通貨』です。
国際貿易は米ドルで決済されるため、流通量が多く、通貨の中で最も安定している通貨とも言われているほどです。

 

メジャーなFX通貨の特徴③ ユーロ(EUR)

ユーロ(EUR)は、EU19か国の公式通貨となります。
米ドルに次いで、第2位の取引量を誇っており、『第2の基軸通貨』といわれています。
ドル安の際にリスクヘッジ通貨として購入する投資家が多い傾向にあります。

 


 

通貨ペアを選ぼう

通貨ペアには20以上の種類があります。
すべての通貨ペアで取引していては、テクニカル分析が大変となりますので、メインで取引を行う通貨ペアを選択しましょう。

始めのうちは値動きの読みやすい通貨ペアを選択していきましょう。

 

短期投資向きの通貨ペア ポンド/円、ニュージーランドドル/円

ポンド/円やニュージーランドドル/円などは値動きが激しく、キャピタルゲインによる利益が期待出来ます。
取引回数を重ねてコツコツと利益を上げていく、短期投資向きの通貨ペアとなります。

 

長期投資向きの通貨ペア 米ドル/円、豪ドル/円

米ドル/円、豪ドル/円などは値動きが小さく、インカムゲインによる利益が期待できます。
スワップポイントで利益を獲得する、長期投資向きの通貨ペアとなります。

 


 

通貨ペアのおすすめ① 米ドル/円

米ドル/円は、FXにおける取引量が多く、日本で一番人気の通貨ペアです。
そのため投資家からの注目度が高く、値動きの情報も手に入りやすいです。
為替チャートや経済ニュースを見ながら、テクニカル分析をしていきましょう。
値動きも小さいため、FX初心者はまずは、米ドル/円の通貨ペアからFX取引を始めてみることをおすすめします。

 

通貨ペアのおすすめ② ユーロ/円

ユーロ/円は、米ドル/円に次いで日本で人気の通貨ペアとなります。
スプレッドも小さく、情報も手に入りやすいため、リスクヘッジを兼ねて、米ドル/円と分散投資することをおすすめします。
ドイル、フランス、イタリアの経済的な影響を受けやすいため、経済ニュースをチェックしながらテクニカル分析を行っていきましょう。

 

通貨ペアのおすすめ③ ユーロ/米ドル

ユーロは/米ドルは、FXの取引量が世界最多の通貨ペアです。
米ドル同様、情報量が多く、値動きも小さいため、FX初心者の方におすすめの通貨ペアとなります。
ドイル、フランス、イタリアの経済的な影響を受けやすいため、経済ニュースをチェックしながらテクニカル分析を行っていきましょう。

 

 


以上で、通貨ペアの選び方の紹介を終了いたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

通貨ペアを選ぼう
最新情報をチェックしよう!