注目キーワード

【テクニカル分析】FXのチャートはどうやって読む? 上昇トレンド、下降トレンドの見方

  • 7月 14, 2020
  • 8月 8, 2020
  • FX
  • 9view
FX テクニカル分析

こんにちは、湊 ユウイチです。
今回は、FXのテクニカル分析、チャートの読み方を紹介いたします。


FXの分析方法(テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析)

FXには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析という2つの分析方法がありますが、本記事では、テクニカル分析の方法を紹介します。

 

テクニカル分析とは?

テクニカル分析は、為替チャートから、選択した通貨ペアの値動きのパターンを読み取って、今後の値動きを予測する分析方法です。

基礎知識を身に着け、テクニカル分析による予測の精度を高めることで、勝つ確率を確実に上げていきましょう。

 

ローソク足と移動平均線

為替チャートは、一般的に一定期間の値動きを表した『ローソク足』一定期間の終値の平均値を線で結んだ『移動平均線』で構成されます。

テクニカル分析を行うためにまずは、一定期間の為替レートの平均値を表した『移動平均線』の見方を覚えていきましょう。

移動平均線は平均する日数によって5日移動平均線や25日移動平均線などと呼ばれます。
平均する日数が短いものから順に短期線、中期線、長期戦と分けられています。

 

移動平均線の見方 『上昇トレンド』『下降トレンド』

移動平均線を用いて為替チャートの動きを予測することが出来ます。

ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が上向きであれば『上昇トレンド』のため買い時となります。

ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が下向きであれば『下降トレンド』のため売り時となります。

移動平均線の角度によって上昇・下降の勢いも異なりますので、ローソク足の位置と移動平均線の角度を目安に今が『上昇トレンド』なのか『下降トレンド』なのかを見分けていきましょう。

 

ゴールデンクロスの見方を覚えよう

短期移動平均線と長期移動平均線を見ることで、『上昇トレンド』と『下降トレンド』が切替わるタイミングや売買すべきタイミングをある程度、把握することが出来ます。

短期移動平均線が長期移動平均線を上に突き抜けた際の交点を『ゴールデンクロス』と呼びます。
ゴールデンクロスは勢いのある『上昇トレンド』と判断されており、一般的に買い時だと言われてます。

ゴールデンクロスは、あくまでも、今後価格が上昇する可能性が高いという状態ですので、予想に反して下がる場合もあります。

ゴールデンクロスが出たからと安易に取引するのではなく、慎重に判断するようにしましょう。

 

デッドクロスの見方を覚えよう

短期移動平均線が長期移動平均線を下に突き抜けた際の交点を『デッドクロス』と呼びます。
デッドクロスは『下降トレンド』の転換期と判断されており、一般的に売り時だと言われてます。

デッドクロスもゴールデンクロス同様に予想に反して動く場合もあります。

デッドクロスが出たからと慌てて取引をせず、慎重に判断するようにしましょう。

 

まとめ

≪テクニカル分析を行う際のチェックポイント≫

・移動平均線の見方を覚えよう

・『上昇トレンド』『下降トレンド』を見分けよう

・『ゴールデンクロス』の見方を覚えよう

・『デッドクロス』の見方を覚えよう

・クロスが出ても安易に取引せず、慎重に判断しよう

 


以上で、FXのテクニカル分析、チャートの読み方の紹介を終了いたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

テクニカル分析
最新情報をチェックしよう!